しっかりホールド!スマホ向け車載ホルダーの用途別選び方とは?

Daniel McCarvelが投稿

しっかりホールド!スマホ向け車載ホルダーの用途別選び方とは?

スマホ車載ホルダーを使ってみて「画面の角度を調整できい」「吸着力が弱いためすぐに落ちてしまった」「スマホの取り外しが複雑」など経験したことはありませんんか?ワイヤレスのスマホを使う人が増えた分、車を運転する時に欠かせない車載ホルダーの需要が高まっています。様々なタイプがあるため、詳細を確かめずに選んでしまい「失敗した...」という声をよく聞きます。そんな失敗を避け、車内で安全運転かつ便利にスマホを使うためには車載ホルダーの設置タイプやサイズ、取り外し方などの詳細にこだわった商品選びが必要です。今回はスマホ車載ホルダーの用途別の選び方や注意点、ポイントについてご紹介いたします。


目次

  • スマホ車載ホルダーとは?
    • 便利さだけでなく安全運転の役割を持つスマホ車載ホルダー
  • スマホ 車載ホルダーの選び方
    • 付けたい場所に合わせて設置方法を選ぶ
      • 吸盤タイプ
      • 両面テープタイプ
      • クリップタイプ
    • スマホの固定方法で選ぶ
      • マグネット式
      • オートホールド方式
      • バネ式
    • スマホ 車載ホルダーを選ぶ時の注意点
      • 手持ちのスマートフォンのサイズ・重量
      • 乗り降りが多い方には着脱の手軽さが重要
    • まとめ

スマホ車載ホルダーとは?

スマホ車載ホルダーは、運転中の前方から目を離すことによる罰則を防ぐ役割も担っているからこそ「便利」だけではなく、自分自身を「ながら運転」の罰則や交通事故などから守るための安全運転ツール

便利さだけでなく安全運転の役割を持つスマホ車載ホルダー

スマホ車載ホルダーとは、運転中のナビや音楽プレーヤー機能を持つスマートフォンを便利に使うため、車内の運転席エリアの特定の位置に固定させるツールです。スマホ車載ホルダーを使わず運転すると、特定の位置に固定されていないスマホの確認が原因で交通違反や場合によっては交通事故を引き起こしてしまうケースもあります。最近では「ながら運転」の取り締まり強化や厳罰化のため、罰則・反則金、違反点数の内容がより厳しくなっています。スマホ車載ホルダーは、運転中の前方から目を離すことによる罰則を防ぐ役割も担っているからこそ「便利」だけではなく、自分自身を「ながら運転」の罰則や交通事故などから守るための安全運転ツールでもあるのです。

スマホ車載ホルダーの選び方

では、実際にどのようなスマホ車載ホルダーの選び方が良いのでしょうか?車内の設置したい場所を重視したいのか、スマホのホルダーへの取り付け方にこだわりたのか、自分が求めるこだわりによって選び方も変わってきます。用途に合った選び方をご紹介するので、どのタイプに合っているのかを検討してみるのも良いでしょう。

取り付けたい場所に合わせて設置方法を選ぶ

車の中のデザインや取り付け場所を重視したスマホ車載ホルダーを見つけるには、本体の取り付け方がどのようになっているのか詳細に見極めることが大切です。車載ホルダーを運転席の特定エリアへ長く固定させておきたいのか、車内だけでなく自宅でも伝えるように取り外して持ち運べるタイプが良いのかなど、目的を明確にすると具体的にどんなホルダーが良いのかが分かってきます。

吸盤タイプ

*VIDEO HERE*

 

車の運転席エリアにスマホ車載ホルダーを頑丈に固定させて便利に使いつつ、取り外せて自宅のキッチンなどでも活用したいという方には、吸盤タイプが最適です。どんな場所にも吸引し安定して取り付けられ、表面に凹凸がある場合はアダプターシールでのサポートが可能です。しっかりした吸盤の吸着力でビクともしない頑丈さと、取り外し用のレバーで簡単に剥がせるのがポイント。この車載ホルダーにはスマホ画面を360度回転させる機能がついているので、便利さも備わった人気のタイプです。

 

両面テープタイプ

車内の特定の位置にしっかりとホルダーを固定させ長く使いたいという方には、両面テープのスマホ車載ホルダーなら、一度取り付けると剥がれない頑丈タイプでスマホ操作をサポートしてくれます。貼り付け方は、設置する場所を決め、可能であればアルコールで吹き、両面テープを装着、貼り付けた後は8時間放置しておくと良いでしょう。両面テープのタイプはスマホ画面の360度回転機能付きの商品もあるので、操作用途によっては外せないポイントでもあるでしょう。

クリップタイプ

*VIDEO HERE*

他の車でも使えるスマホ車載ホルダーが欲しい!という方には、取り外し可能なクリップタイプがおすすめです。頑丈に固定して長く使うタイプとは違い、車内のエアコン吹出口の羽を挟み込む新しいデザインのため簡単に取り外せ、他の車でも使うことができます。また、回転する差し込むタイプのソケットを採用しており、垂直・水平・斜めデザインのエアコン吹出口でも設置することが可能です。便利なポイントとして、吹出口の羽が薄く設置が緩い時は、ソケットを回転させることでの調整、ケーブルの巻きつけやスマホ画面の360度回転調整可能など嬉しいサポートが満載。気軽に持ち運べ、いろんな車で試したい方には外せない車載ホルダーです。

スマホの固定方法で選ぶ

マグネット式

スマホをスムーズに、そして素早く簡単に取り付けたい方には、本体の表面がマグネット式の車載ホルダーだと急いでいる時でも、スマホを近づけるだけで磁石のようにくっつき、取り付け時間を短縮してくれます。最近ではマグネットの磁力の強さがさらに高くなっているため、運転中の揺れや急なブレーキでも問題ありません。

オートホールド方式

本体にスマホを近づけるだけでセンサーが反応し、自動的に両サイドのホールドが固定してくれるという万能なオートホールド方式の車載ホルダーは機能性を重視する方には最適です。片手で取り付け可能なため、スマホを頻繁に付け外しする方にはとても便利な人気アイテムです。

バネ式

スマホカバーや機種のためサイズが大きめのスマホをお持ちの方には、ホールド箇所がバネにように伸び縮みし、サイズに合わせて調整できるバネ式車載ホルダーなら、大きさを気にせず使うことができます。横幅だけでなく、奥行きのスマホサイズまで調整できるバネ式車載ホルダーは、車を家族と共有していても、個人のスマホサイズに合った大きさへ本体を合わせられるためとても便利です。サイズを気にせず使えるバネ式車載ホルダーはもちろんカードホルダーのような人気のスマホアイテムにも対応可能です。

スマホ車載ホルダーを選ぶ時の注意点

p>自分の生活サイクルをサポートできるスマホ車載ホルダーを選ぶことが重要

スマホ車載ホルダーの用途別のタイプをいくつかご紹介しましたが、実際に使ってみた人にしかわからないような気付きづらい注意点もたくさんあります。自分が普段どのようなスマホを使っているのか、車を使っている頻度などを踏まえた車載ホルダーを選ぶ時の注意点をご紹介します。

手持ちのスマートフォンのサイズ・重量

スマホ車載ホルダーの中には、スマホの大きさに合わせてサイズを調整できるタイプもあるとお伝えしましたが、全ての商品がそうであるとは限りません。スマホカバーや特殊な機種を使用している場合は、サイズをまず調べてから車載ホルダー商品の詳細を確かめると良いでしょう。また、スマホ車載ホルダーを長く使うためにも重量制限がないかどうかを確認しておくことをおすすめします。

乗り降りが多い方には着脱の手軽さが重要

自分の日々の生活サイクルで車の乗り降りが頻繁にある方やおすすめカー用品を活用してドライブによく行かれる方は、スマホを簡単に取り付け外せるというポイントが重要になります。もし、車載ホルダーへのスマホ設置に時間がかかりそう、もしくは外すのに時間がかかりそうというホルダーを避けたほうが良いでしょう。

まとめ

スマホ車載ホルダーの用途別の選び方や注意点はいかがでしたか?選び方によって、スマホ車載ホルダーが自分の生活で役立つのか役立たないのかが大きく変わってきます。スマホ利用が当たり前になったからこそ、運転中のスマホ操作を工夫し、安全運転の役割を担ってくれる車載ホルダーの選び方が重要なのです。今回の記事を参考に、自分に合ったスマホ車載ホルダーを是非見つけてみてください。


古い投稿 新しい投稿